ブループリント・リーディング

ブループリントって皆さんご存知ですよね。

魂の自分がガイドと相談して生まれる前に書いた、人生の計画書です。

自分のブループリントってどんなだろう、どんな一生を送るつもりでこの世に生まれてきたんだろう。魂の目的ってなんだろう。

あわよくば(笑)未来のブループリントを知ることで、余計な遠回りをしないで人生の先取りもしちゃいたいと思いました。

そこで四国のスピリチュアルカウンセラー・ナオコシャイニーバードさん(サイキックヒーラー:AKIKO嬢推薦)にリーディングをお願いしました。

電話によるセッションです。

依頼した最初、人生の先取りなんて考える自分が卑怯な気がすると申し上げたんですね。すると、ブループリントを知り、不安や恐れを手放し、魂の喜びを生き始めることで社会に貢献したり、周囲の人に幸せなエネルギーをシェアすることが出来るから、罪悪感を持つ必要はないですよとナオコさんが優しく言ってくださいました。

ああ、そうなんだー、そこからがまず、考え違いをしていたのですね。気付きをいただいたことに感謝申し上げます。

さて、こうして嬉し恥ずかし(?)初めて聞いた私のブループリント。

いや、驚きましたね。

「○才で△△をし、○○才で□□を経験し・・・」とナオコ様が次々に伝えていただく内容を急いでメモしながら、

「あれあれ?あれれ?」と正直目を白黒。(笑)

全体の流れは大まかに一致しているのですが、細かいところで結構くい違いがありました。

実はブループリントは自分の自由意志で計画を変更することができるんです。

たとえば私の場合。

付き合っている人にプロポーズされたけど、仕事が面白くて結婚する気がなかった私。断るつもりだったけど、妊娠していることが判明。
なので“できちゃった婚”をしちゃったとか。

おいおい、現実と違うじゃない。結婚はしましたがこんなにこちゃこちゃした経緯はたどっていません。
生まれてくる前の私さん、何、一人で盛り上がってドラマを作り上げてんだか。(~_~;)

ナオコ様によると、多分私は人生をシンプルにしたくて端折っちゃったんだろうと。

うん、わかるわかる。そんな持って回った人生なんてめんどくさい。ショートカットしてしまえ。(苦笑)

普通はなぜ計画を変更したのか、そこに理由があるそうですが、私の場合、魂が非常に軽くて全然重たくなくて、計画を変更することに大して意味がないそうです。ただ、端折っちゃった、それだけのようです。(笑)

もちろん完全に一致しているところも一杯ありましたよ。

出来事もそれが起こった年齢も含めてドンピシャリ。ナオコ様には今の人生について詳しいことは何も語っていなかったので、思わず笑っちゃうほどビックリしました。

たとえば直近のブループリント。

「2014年、海外と深く繋がります」

大あたり!\(◎o◎)/!

去年突然、ひょんなことからオルゴナイトを販売するようになったことです。

しかもそれがきっかけとなり、チェコやドイツのヒーラーさんやセラピストさんのセミナーや個人セッションを輸入元とのコラボで次々と開催するようになりました。

「オンラインショップなのに、何でこんなことしてるんだろう?」って正直この流れが不思議だったんです。

自分が求めてそうなったのではなく、後ろから波に押されてあれよあれよとやらされているって感じで。

魂が決めた計画だったのですね。お蔭様で仕事に広がりがあってすごくエキサイティングで楽しいです。

ナオコ様に「すごい!当たってますねー!!」と言ったら「いえ、当たってるんじゃなく、あなたが立てた計画ですから(笑)」。

ははっ。その通りですね♪

 

そして、私のブループリントの目的とは・・・

それは「創造性を楽しむこと、自分の中からどんどん湧いてくるアイデアで何かを生み出すこと、そして変化すること」だそうです。

だから安定を求めるのは私の生き方にはそぐわないわけです。なるほどーー。その通りです。変化大好きですから。

心の底からワクワクすることやクリエイティブなことを楽しみ、変化や進化することをコンセプトにすれば必ず成功するし、エネルギーが活性化し、まだ埋もれている才能が開花するかもしれないそうです。

ここでふと思いついて、今の仕事以外に私にはヒーラーやセラピストとしての可能性もあるのかをお尋ねしたところ。。。

私は人を元気にさせるのが役目であり、人を変化させたり精神的なケアをするなどそれ以上の役目はないとのことです。

変に自分を犠牲にするところがあり、そこにストレスを感じやすいので、これを聞いてまた気持ちが楽になりました。

 

さて、ここから先の人生ですが・・・

楽しい未来の展望があります。

それをもっと早めることもできるそうです。

ブループリントを変えることは簡単です。

声に出して宣言し、守護天使にお願いするといいそうです。

声に出すのは自分の脳にも聞かせることになり、それが実現化しやすくなるとか。

自分が天に帰る時期も教えていただきました。その年齢まで生きれば十分かな。もう少し長生きすることもできるし、なんだったら短くもできます。

それも自由意志でいくらでも変更は可能なのです。

ブループリントのリーディングにご興味のある方はナオコシャイニーバードさんのブログへどうぞ。

<補足説明>

今回の記事内容に誤解が生じないよう、もう少し補足説明をさせていただきますね。

ブループリントの計画は、旅行の計画と同じで、自分の自由意志で変更することが出来ます。
ただし、本人の魂の目的そのものは変わりません。
私たちは今生に地球に生まれて来て、今回はこういうことを重点的に学ぼうという、魂の目的、テーマを決めて来ます。

その魂の目的、テーマを実現することが、魂レベルの深い喜びなんです。

つまり、一生を通じて魂を成長させるための旅を続ける上で、目指すゴールは変わりません。

ですが、そのゴールへと向かう道筋、プロセスはどのようにでも変更出来るんです。

ただ、変更をせずに必ず予定通りにそれを体験した方が良い計画と、変更しても大丈夫な計画があるみたいです。

次にブループリントの変更について。

ブループリントの計画を変更するやり方は、人によってさまざまです。

私の場合は守護天使にお願いするといいですよと言われましたが、守護天使さんでなくても、自分自身で、宇宙に向かってこのように変更します、と、意図を設定し直せば大丈夫だそうです。つまりアファーメーションですね。

また、その想いを常に前向きに感じるようになれていれば、意図設定すら必要ないそうです。(5/12追記)

<も一つ補足説明>

友人が「私もブループリントをリーディングしてほしいけど、寿命を知るのが怖い」と言っていたので、そのことについて。

それはまだリーディングを受けるタイミングではないのかも?と思いつつ、ナオコさんに訊ねてみました。

「恐怖感があるうちは、まだタイミングではないと思います。

寿命を聞きたくないということでしたら、寿命はお話しないということも出来ますが。

そもそも、そのような恐怖感を感じるということは、私のブループリントのセッションのスタイルが、その方には合わないのかもしれません。

私は以前、知人にアカシックレコードリーディングをしていただいたことがあります。

彼女のセッションは、前もって聞きたいことを2つまでお話してその2つに絞ったアカシックの情報を見ていただく形です。

また、寿命はリーディングするべきではないという考え方でしたので最初から寿命は見れません、とご説明されました。

繋がる宇宙のデータベースが違えば、スタイルもさまざまです。

私のスタイルのように、かなり現実的で細かく計画書を読むよりは、別のスタイルのセッションの方が、お友達には合うのかもしれません。

私自身は、寿命に限らず、未来の情報を聞くということは、宇宙からエールをもらうようなものだと感じています。

あなたはこんな可能性も、あんな可能性もあるよ。

無限の才能やエネルギーにあふれているよと、勇気と希望を与えてくれるようなものだと。

ですから、寿命も、何歳までしか生きられないというネガティブな見方よりは、ポジティブな可能性を教えてくれるもの、と捉えていただければと思います。」

以上です。同じように躊躇なさっておられる方のご参考になればと思います。(5/14追記)

広告

ブループリント・リーディング」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ナオコ・シャイニーバードさんの東京セッション | Bercelesta Official Blog

コメントは受け付けていません。