何かと目をつけられる人の“真の役割”

何をやっても人より批判されたり目をつけられてしまう人っていますよね。

他人がやってもお咎めなしなことを、たまたま自分がやると注意されたり怒られたり。

自分はやってもいないのに「お前がやったんじゃないのか」と頭から決めつけられて疑惑の目を向けられたり。

他人がきつい言葉を使ってもそれほど言われないのに、自分がたまたまちょっとストレートな言葉を使っただけで相手が過剰に反応してひどく恨まれたり。

「なんでいつも私ばっかり目をつけられるの!」と運命を呪って怒りを爆発させてしまう人もいるでしょうし、とにかく目をつけられないためにおとなしくして、決して目立たない様に自己主張をしないように頑張って自分を押さえている人もいるでしょう。それでもやっぱり重箱の隅をつつくように何かしら指摘され、批判され、攻撃されてしまう・・・

こういう方はどうしたらいいのでしょうか?LTOEの「ナイツクローク」を摂る以外方法がないのでしょうか?

実はこの現象は決して悪い意味だけではなさそうです。

私自身が「何かと目をつけられやすい」人なんですが、先日、強み発掘リーディングの先生に言われました。

「だってあなた、居るだけで目立つんだから。それがあなたの強みです。」

居るだけで目立つようにできてるそうです、私のブループリントが。(-_-;)

目立つように生きると魂が選択しているのに、それに逆らったり自ら否定していると強みが消され、スムーズな人生は遠ざかります。しかも来世にも持越し、また苦労の人生が続くようです。

あらら~。自分は影の薄い人間だと長い間そう思い続けていました。影が薄いから人に馬鹿にされたりいじめられたりするんだ、そう思っていました。

逆だったようです。

もっと前に出て目立たなきゃいけないのに変に自分を押さえているので、周囲が違和感を覚えて攻撃したり突っついてくるみたいです。

あ、思い出した。そう言えば以前あるヒーラーさんが「あなたは居るだけで目立つのよ」と全く同じことを言ってたんです。その時は「何言ってんだ、この人。」と気にもしませんでした。

私はあまりにも自己否定が強すぎてそんな言葉が頭を素通りしていたのです。

 

もう一つ思い出したことがあります。

以前、ドレスセラピーのベーシックを学んでいる時に同じようなことを先生がおっしゃっていました。

「たとえばオフ(本質)が“女王の星”の人がクラスの中でおとなしくしていたら、本当の自分を出していないでしょ。だから違和感を覚えて周りがいじめちゃうのよ。」と。

何かと目をつけられやすいそこのあなた、もしかしたらあなたもそのような役割を担っているのかもしれませんよ。

目をつけられることばかりに目を奪われて対策を講じる受け身の視点ではなく、そこに本来の自分の役割を見る“攻め”の視点を加えてみませんか?

 

私は強み発掘の先生から「もっと尖がってください。目立ってください。遠慮をしないでください。それがあなたの本当の生き方だから」とアドバイスされました。が・・・

いや、人から批判されるのが怖くてできないと言うと

「中途半端に尖がるからです。突き抜けちゃってください」と。

所謂「出る杭は打たれるけれど出過ぎた杭は打たれない」ってやつですね。そんなに簡単に突き抜けられたら誰も苦労はしませんが、とにかく、これまでになかった視点を与えられ、新鮮な驚きで一杯です。

覚悟を決めたと言えば大げさですが、「受け入れよう、もう無駄な抵抗はしない。それが私の真の役割なら」と決めました。

これでガチガチに固まった自己否定観念と不要な思い込みが一つはずれたかな。

気づきがあれば行動にも変化が出てくるでしょう。

まあ、明日からいきなりガラリと目立ちまくるようなことをしたり、言いたいことをぶちまけまくって人と喧嘩したりなんてことはしませんが。

(社会の中で生きていくためのバランスもありますから)

 

さて、本当の自分らしさを取り戻せるエッセンスとして1つお勧めなのが

インディゴエッセンス「シャイン」です。ルームスプレーもあります。

このエッセンスは自分を見せるのを怖がって、わざとクールに振る舞っているような人にぴったりです。何を隠そう、私自身もそういう振る舞いをしておりましたが、だからこそでしょうか、そんな私に人は容赦なく突っ込み、批判や攻撃をしてきました。

強み発掘リーディングの先生も「最初会った時、感情表現が乏しくて何か自分を隠しているように見えて違和感があった」とおっしゃってました。(あららー、これでも私、一生懸命ニコニコ笑ってたんですけど)

尚、インディゴエッセンスだからインディゴチルドレンや子供のためのエッセンスなのかと勘違いされがちですが、そんなことはありません。エッセンスの特徴が当てはまると思われる人には誰でも必要です。

 

最後に。強み発掘の先生から、もう一つこんなことを教わりました。

「自分で強みを見つけるのはなかなか難しい、けれど簡単に見つける方法があります。

それは他人に褒められて“そんなことないですよ”と否定した内容です。それこそがあなたの強みです。」

もし私のように自己否定観念が強すぎる人は、一度この方法で自分の強みを見つけてみませんか?(^_^)

——————————————————————————————

【追記】LTOEの「ナイツクローク」やインディゴの「シャイン」以外にいいと思うエネルギーアイテムがあります。

目をつけられる理由が、内なるカリスマ性を外に出せていないのならば

リヒトウェーゼンの「ヘリオン(ホルス)」のエネルギーアイテムがいいのではないでしょうか?エッセンススプレーとオイルがあります。また、ホプレアさんが作るオルゴナイトオブジェやペンデュラムもありますよ。

「ヘリオンエッセンススプレー」 → 

「ヘリオンオイル」 → 

「知恵のロータス・ヘリオン」 → 

「オルゴナイトペンデュラム・ヘリオン」(ダウジングに使用するのでカリスマ性を出せるかどうかはわかりません) → 

ヘリオンが気になったら、一度お試しになってみてくださいね。

————————————————————————————

【またもや追記】

なんか、うちのブログでこの記事が長らくダントツ1位のアクセス数のため、参考になることを後から後から追記しちゃってどんどん長くなっていますが、またもう一つ。(^_^;)

同じ目をつけられるといっても、ちょっと違うタイプの人間に目をつけられることにも触れておきます。

悪い人ではなく、むしろあなたに好意的だったり妙に関心を示して近づいてくる人です。そういう人の中には低いエネルギーと繋がりやすくて憑依されやすい人がいたりします。ちょっとフワフワしていて自分がなかったり、何を聞いても「よくわかんない」を連発する人など。わからないのは憑依されてて自分がないからですね。目つきもなんだか焦点が合ってなかったり。

そういう人と接していると、妙な気分や不快感、居心地の悪さを感じると思います。「頼むから私に寄ってこないで、関心持たないで」と言いたくなるような人は本当に要注意です。なまじ悪い人ではないので無碍な対応もできず、困ってしまいますよね。

そういう人に目をつけられたら、どうしても浄化系とかサイキックアタック系のアイテムを使用したくなると思います。

でも、それはしないほうがいいと思います。そこに意識を向けすぎることで却って相手を刺激し、さらに似たような人を引き寄せる可能性があります。

オススメはグラウンディング系かセンタリング系、自分を確固として確立させる男性性のエネルギーのものです。

上記の「シャイン」や「ヘリオン」も自分の中の輝きや強さを出すのでいいでしょうね。

あとは自分に自信をつけるもの、ゴールド系の色の波動のもの、ゴールド、シルバー、プラチナやダイヤモンドなどのメタル系やジェム系の強力なものなどもいいと思います。メタリックなものは自分の外側をしっかりコーティングしてくれますから、何が来ても撥ね返します。(超合金ロボかっ!?)

そういうフワフワちゃんが寄ってくるときって、自分自身のエネルギーも低下していてつけいれられやすいんだと思います。

まずは日頃から自分をしっかりと保つことが重要ですね。以上自分の経験に基づいた追記事項でした。

広告

何かと目をつけられる人の“真の役割”」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 尖がるか、尖がらざるべきか | Bercelesta Official Blog

コメントは受け付けていません。