冬のドレスセラピー・コーデ+ハンドメイドの帽子♪

「冬のドレスセラピー・コーディネイト」ですっかり帽子の魅力に目覚めたmichiko。

元々頭が小さい上に後頭部が“断崖絶壁”で通常サイズの帽子が合わないため、帽子に憧れを持ちながら封印していたのですが。

紫先生に勧められて帽子を購入し、それがきっかけで無性に帽子が欲しくなりました。かといって市販の帽子はサイズが大きいし。。。

そもそも外反母趾でも履けるおしゃれな靴が欲しくて靴作りのワークショップに通い始めたので(こちら様です→)、

だったら今度は帽子を作っちゃえ!と思い立ち、早速見つけて行ってきました。(こちら様です→

ま、不器用な私のこと、靴作りと同じくトライアルで数時間で完成するワークショップですが(~_~;)

初めて知りましたがフエルトの帽子ってスチームで形を作るんですね。そのあとは手縫いやミシン掛けの工程がありますが、すごく簡単に作れました。(針に糸通すのが辛かったー。老眼だから。予め知っていたらリーディンググラスを持ってきてたんですけどね)

もちろん、小さめサイズの55cmで作りました!(これでもまだ大きかったのでサイズ調整テープを先生が内側に貼ってくださいました。隙間テープとよく似てます)

じゃじゃーーん!その帽子がこれです。

handmaid-hat

そしてこの前と同じドレスセラピーのコーディネイトに合わせてみました。というか、実はこのコーデに合わせるために帽子を作ったわけです。

winter-cordinate-handmaidhat手に持ってる“玉っころ”はホプレアさんが作ってくださった巨大オルゴンボール「アクシス・ムンディ(世界軸)」です。そのときの記事はこちら

何かポーズをとりたくて、手にしただけで特に意味はありません。(笑)

winter-cordinate-handmaidhat2この画像では小さくて見えづらいかと思いますが、帽子の周りにかすかにグリーンのオーラみたいなのが写っているんです。背景はシンプルな白い壁です。撮ってくれたスタッフと私とで「あ、不思議!」とちょっと騒ぎましたが、モスグリーンのリボンやピーコックグリーンのセーター、そして薄黄緑色のスカーフの色が光に反射してそう見えるだけでしょうね、きっと。でも、全体的になんかちょっと不思議な雰囲気が漂っていてお気に入りの写真になりました。顔さえなけりゃ。(Kさん雰囲気たっぷりに撮ってくれてありがとう。)

 

それにしても帽子のサイズが55cmより小さいのがない理由がようやくわかりました。

どんなに頭が小さくても、それに合わせて小さいのを作って被ると体全体とのバランスがとれなくなるんです。幼く見えてしまいます。特にこの帽子の形だと幼稚園児が被る帽子とよく似ています。

だから多少ブカブカでも、サイズ調整テープや隙間テープなどで補正して被るしかないんですね。

靴作りでは足にぴったりのを作れても、帽子はそうはいかないとわかりました。でも、55cmのものが手に入るのは嬉しい!

今回のことがきっかけで、新たな趣味がまた増えちゃった。今度は夏の帽子に挑戦しようと思います。ヽ(^。^)ノ

 

 

広告