ナディエのハーブエキス取扱い開始

このたび、チェコのナディエ社のハーブエキスを取扱い開始しました。

ナディエ・ハーブエキス

ナディエ・ハーブエキス

このハーブエキスはゲモセラピー(ジェモセラピー)に基づいて作られております。

ゲモセラピーとは「蕾療法」または「芽療法」と呼ばれています。
蕾や新芽はこれから伸びゆく部分であり、成長するために必要なエネルギーがぎっしりと詰まっています。

酵素やビタミンなどの栄養分もたっぷりと含まれています。

また、蕾や新芽には植物幹細胞と呼ばれる細胞を修復、再生する力を備えているため、若返りや体質改善にも役立つと言われています。
ナディエ社はチェコ共和国で1999年に創業され、高い評価と実績を持つハーブエキス専門会社です。

代表者はヤルミラ・ポドホルナー氏。

ナディエ(Nadeje)は「希望」という意味です。
ナディエ社では100種以上のゲモセラピーに基づいたハーブエキスの他、特定の治療にあわせた軟膏、オイル、浸出液なども製造しています。

ハーブエキスの生産は国立薬物統制局で認定された工場で行われており、生産工程の成果がそれぞれ独自の実験室において検査されています。
すべての製品が化学薬品や保存料を加えずに生産されています。

ナディエ社はチェコだけではなく、海外の薬局や大手卸売チェーンにも薬剤を卸しています。
ここ数年の間にナディエ社は大きく成長し、チェコや諸外国でもこの商品への需要がますます高まっています。

現在日本で販売しているのは12種類です。各50ml

価格3,500円~4,050円(税込)

販売ページはこちらからどうぞ

 

広告