ヤルカさんのチタニウム波動解析個人セッションの体験談

5/15・5/16のチェコのヤルカさんによる「チタニウム波動解析個人セッション」が行われ、初日に私も受けました。

チタニウムイメージ画像

チタニウムイメージ画像

チタニウムの診断を開始してすぐ、ヤルカさんはPCの画面を指さし、「鼻のあたりに異常が見られる」とおっしゃいました。(上の画像は違います、これは私のお腹です)

実は私、2週間以上も風邪の症状(咳、鼻水、痰、くしゃみ)が続いていたのです。
しかもそれをヤルカさんには伝えていませんでした。すごい、すぐわかっちゃった!(といっても鼻声だったからバレバレでしょうけど)

「医者から抗生物質を含む薬を5種類ももらって飲んでいるのに全然効かないんです」と言うと

「どんな薬?見せて」と言われてお見せしました。

「この薬、効かないわよ」とおっしゃってるヤルカさん

「この薬はあなたには効かないわよ」とおっしゃってるヤルカさん

ヤルカさんは「この薬はあなたには効かない。あなたの風邪はウィルスが体内に入り込んだのが原因。抗生物質は細菌には有効だけどウィルスには効かないのよ」とおっしゃいました。

あっらーー、一生懸命飲んでいたのに。(~_~;)

私、長年自然療法だけで風邪を治してきたので、抗生物質を飲んだのは実に約30年ぶりなんです。
仕事を休むわけにいかないので早く治すためだと割り切り、自分を曲げてまで薬に頼ったのだから、せめて効いて欲しかったです。(ガックリ)

しかも診断では抗生物質の影響で肝臓に負担がかかっていました。

「私、上唇にヘルペスまでできちゃったんですよーー」と痛そうに口を尖がらせて唇を指さして訴えると
「そう!それよ!ヘルペスができるのはウィルスが入り込んだ証拠なの!」

とまさにその通りだとばかりに少し嬉しそうに(?)教えてくださいました。いや、私もいいこと聞いたなーと思いました。

少し前は微熱もあったのですが、微熱もウィルスが入り込んだ証拠だそうです。

さらに、もっと興味深いことも教わりました。

「上唇=自分のテリトリー。つまり、自分のテリトリーが攻撃されている」

ということなんだそうです。

私の身体はオーラが弱まって、エネルギーが漏れてどこかに行ってしまっているそうです。

だからウィルスが入り込んだのです。

 

ヤルカさんに「このようになった原因がこの機械の測定だけでは説明がつかない。何か大きな悩みでもあるの?」と聞かれました。

確かに。風邪にしてはやけに長引いています。

一つ思い当たることがありました。

それは風邪を引く直前、ある儀式に参加したことです。

自分自身がより高い振動数に変容するには、今までの転生の意識をも変容させて一緒に高める必要があります。その転生を一つ一つ救い出して祝福する儀式を受けたのです。

「それよ!今の言葉を聞いて鳥肌が立ったわ!きっとそれが原因に違いないわ!」

とヤルカさんもちょっと興奮気味。

つまりその儀式の影響による好転反応で体の大浄化が始まり、一時的にオーラが不安定になったのでウィルスが入り込んだのです。

「好転反応は大体3日、3週間、3か月続く」と教えてくださいました。ということは私の場合、少なくともあと1週間は続くことになりそうです。

とはいえ、好転反応だからそのままにしておけばいいというものでもなく、実際体が大変だし日常生活にも支障をきたしているので、チタニウムで私に最適なものを選んでいただきました。

セッションの参加者は「ナディエのハーブエッセンス」「カレル・ハーデック(チェコ製アロマオイル)」「マンボヤエッセンス(オランダのフラワーエッセンス)」の内どれか1種類をプレゼントされます。

私に最適なアイテムは「カレル・ハーデック」のペパーミントの精油でした。

peparmint-oil

カレル・ハーデックのペパーミントオイル

これを1Lの水に1~2滴入れて飲むようにと言われました。ペパーミントはエネルギーのバランスを内外共に整えてくれるそうです。

——————————————————————-

※日本では精油を飲むと言ってはいけないことになっていますが、海外では比較的ポピュラーです。
飲むときは必ず100%ピュアな精油(エッセンシャルオイル)にしてください。
アロマオイル、フレグランスオイル、ポプリオイル、マジカルオイルなどは合成香料だったり100%ピュアではないのでNGです。
また、精油の中には毒性の強いものもあり、わずか数mlで致死量に達するものもあります。初めて飲む人は専門家に聞くなりよくよく調べるなりして自己責任で行ってください。

——————————————————————

その他「エネルギーが漏れ出ている状態だからオーラを強めるオーキッドエッセンス(LTOE)を摂るといい」と言われました。それでマイテリトリーが復活するそうです。

咄嗟に頭に浮かんだのは「セレーンパワー」です。

セレーンパワー

セレーンパワー

このエッセンスのキャッチフレーズは「エネルギーがダダ漏れ状態の人に」(まさに!(笑))

まあ、自分が名づけたんですけど。(-_-;)

オーラを強めるというのとはちょっと違いますが、漏れ出たエネルギーがすばやくシュッと戻ってくるエッセンスです。既にセッション後飲み始めております。

———————————————————

このエッセンスが生まれた背景が興味深いです。LTOEを攻撃する恐ろしいネガティブエネルギーが遠くはるばる“ある地域”から飛んできて、関係者に次々に憑依し、彼らのやる気を削いでいくのです。「セレーンパワー」はそれに対抗するために開発されました。「セレーンパワー」のページはこちら

————————————————

その他リヒトウェーゼンの「セラピス・ベイ」もいいそうです。(オイルの他エッセンススプレーがあります)

セラピスベイ

セラピスベイ

これはグラウンディング効果があり、第一チャクラを活性化しオーラを強めてくれます。

さらに栄養素で「鉄分」が不足していることも指摘されました。

それで腑に落ちたのは、セッションの2~3日前からやけに「ドライプルーン」が食べたくなったのです。無意識に補充していたんですね。

ヤルカさんは他にも私に必要なものとしてスプルースのオイルをハラに塗るといいとか、喉にはレンコンのお茶がいいとか、野菜や果物を食べるとマイテリトリーを守ることができるなどと教えてくださいました。日頃飲んでいる「梅エキス」もいいかと尋ねると「OK!」でした。

最後に、前回の診断結果と比べてみて、風邪をひいているにも関わらず、以前より22%も健康度がアップしているそうです。風邪をひいていなければもっと高い数値が出たはずです。というわけでそれほど心配するようなことはありませんでした。

 

実はこのセッションをやっている最中に、突然ヘッドホンから何か機械音が数秒間流れたことがあります。

「???なんだろう?」と一瞬不思議に思いましたが、すぐ音が聞こえなくなったので気にもしませんでした。

このときヤルカさんはこっそり「メタセラピー」をやってくださっていたのです。

チタニウムは波動測定だけでなく、バランスを崩した体の組織や細胞などを修復することもできるすぐれものです。

通常はヤルカさんが「この人にはメタセラピーが必要」と判断するとクライアントに提案し、許可を得てから行います。(オプション料金が派生します)

私の場合はヤルカさんからのサプライズプレゼントだったのです。

そうとは知らず、セッションが終わって隣室へ入ってしばらくしたら・・・

突然お腹がキリキリと痛くなり、お腹の雷鳴音が鳴り響き、トイレに直行することに。

おかげで翌日はかなり具合がよくなり、顔色もすごくよくなったとヤルカさんに言われました。

メタセラピーってなかなか即効効果がありますよ~♪ヤルカさん、ありがとう☆

ここで興味津々の新しい情報が!

次回来日されるときはもっと進化した新しい機械を使うそうです。

なんと!この機械は「アカシックレコード」から情報を得ることができるのです!

つまり病気や不調の根本原因をアカシックレコードにアクセスし、それが過去世から来ているものだとか、そういう判断もできるようになるのです。

これは面白い!!期待できますね。次回は今まで以上にエキサイティングなセッションになることでしょう。

【追記】後にわかったことですが、残念なことにこの機械はとても高価で貴重なため、日本にまで持ってくることができないそうです。謹んで訂正させていただきます。

ヤルカさんはとても明るくて優しい女性です。私もスタッフも、みんな彼女が大好きです。私とは年齢的にも近いしお互いの孫の話もしたりします。私は外国人とハグするなんて恥ずかしくてできないんですけど、ヤルカさんとなら自然にできちゃいます。彼女と一緒にいると誰しも心を開き、自然体になり、無邪気になれるのだと思います。

また、会うたびに少しずつ日本語を覚えてくださっているのが嬉しいですね。

ヤルカさんと出会えたことは私たちにとって大きなギフトだと思います。

次回の来日が今からもう、待ち遠しいです。

以上、店長michikoのチタニウム波動測定の体験談でした。

 

広告