「ひらめくカード」が面白い

店長michikoです。

最近取り扱い始めたばかりの「ひらめくカード」(いずみさなえ 著)を3時のお茶の時間によく引いています。

結構よく当たるんですよ。

ひらめくカードの外箱

「ひらめくカード」

解説ガイドには短く簡単な言葉しか掲載されていませんが、その分イマジネーションを働かせるので、自由に絵からいろんなメッセージを受け取ることができます。ちょっとタロットカードに似ているかな?

うちのスタッフも時々このカードを引いているのですが、今回はうちの社長のケースで。

実は社長は数ヶ月前から片目が不調で、ずっと眼科にかかっていますが、一向によくなる気配がありません。

「病院変えてみようかなー」と本人が言ったので、じゃ、それを占ってみようということに。

カードは私が引いてみました。もちろん本人が引いてもいいんですよ。ただ単に占い好きの私がやりたくてしょうがなかったのででしゃばっただけの話です。(おいっ。(^^;))

今回のケースは二者択一法にしようと思い、2枚引きました。

1枚目は「このまま今の病院でいいのか?」

2枚目は「よその病院に変えたら?」という質問で。

さて、裏返しに置いたカードをひっくり返して見てみると・・・

1枚目はこれ。

angoro

Angoro(アンゴーロ)不安

カードの解説:妄想、幻想、混乱、誤解、得体のしれない怖れ、孤独、不安定

リンゴを咥えた“ワニ顔”の魚が、まるで“考える人”のように苦悩する男の人の回りを

「うーら、うーら、ほれほれ、どーした。」とからかうようにぐるぐる回っています。うわぁ~~やな奴ら!

“考える人”はまるで目を押さえているかのようにも見えますし、背後のぐるぐる渦巻きが“台風の目”みたいですね。そしてカードの下半分に火の玉がしずくのように垂れていますが、実際、社長はいつも目薬の影響で気の毒にも目やにがよく出ているのです。

次に2枚目のカードを裏返すと…

planko-patrino

Planko patrino(プランコ パトリーノ)地の母

幸福、実り豊か、安心、安定感、居場所、恵み、母性

 

いや、もう、病院変えた方がいいってはっきり出ているようなものですね。

このカードを見て、女性医師のいる眼科がいいのでは?とアドバイスしました。

でも、同じカードでも人によって受け止めるメッセージやインスピレーションは違います。

私が「女性の眼科医」と解釈したとしても、別の人なら「花をたくさん飾っていたり小鳥を飼っているような癒される雰囲気の眼科」と解釈するかもしれません。あるいは都心ではなくちょっと郊外の自然豊かな土地の眼科がいいと感じる人もいるかもしれません。(社長は事情があって週に2日ほど実家に帰っていますし。)もしくは女性医師もいないし花や自然とも無関係、だけど診療技術が信頼できる眼科という解釈も十分あり得ます。

いずれにしろ、社長がどこの病院に変えるのか、今からちょっと楽しみ…(おいっ!) 社長の目が一日も早く治ることを願っております。

「ひらめくカード」販売ページはこちら

広告