ルチルクォーツ&ラベンダーアメジストのブレスレット

最近やたらと、ゴールドと紫の組み合わせで、しかも大玉でゴロンゴロンしたブレスレットを身につけたくてしょうがなかったので、「ルチルクォーツ」と「ラベンダーアメジスト」の14mm玉で作ってみました。

ゴールドと紫といっても、ルチルとアメジストなら何でもいいわけじゃなく、心に浮かぶ色はルチルは透明感が強くてみずみずしく、あまり黄色みが強くなく、かといって安い奴で全体が白っぽく濁っているのはダメ。また、アメジストは普通のあの濃い紫じゃなくて、もっと優しいふんわりしたラベンダーアメジストじゃないとダメなんです。

こうしてネットでいろいろ検索しまくりましたが、希望通りの色合いと石のサイズ、予算がぴったり合うのを見つけるのは結構時間がかかりました。ようやく質のいい石を粒売りしていて、条件を満たして買い物ができるお店を見つけることができました。

届いた石たちは、なかなかいい子たちです♪ルチルは透明度が高く、中に入っている金線の量もこれくらいなら申し分ありません。(そりゃ、タイチンルチルとかビーナスヘアーなんかも欲しいですが、そんな贅沢は言ってられません)

ああ、これよ、このみずみずしい透明感とゴールドの輝き、そして優しく包み込むようなラベンダー色・・・

これよ、これが欲しかったのよ、ああ、心の渇きが癒されるわぁ。(*´Д`)ハァハァ (一体私って何のエネルギーが不足しているのやら。)

キラキラのロンデルも間にあしらってゴージャス感がさらに増しました!ついでにどうだ!このゴロンゴロン感!大粒サイコー!!


出来上がったブレスレットをホワイトセージでしっかり浄化し、両手ではさんで目をつぶって深呼吸して、ブレスちゃんにご挨拶。

「今日から私が貴方の持ち主です。これからは私の人生に豊かさと気高さをもたらすためにサポートしてくださいね。私も貴方を身につける度にそうなるように意識して行動しますから。」と。

これはお願いごとやプログラミングというよりは、ご挨拶でありマニフェストですね。

「プログラミング」というと、世間では石に願いをかけて思いを込めたらハイ、それでOK!的なお手軽なイメージが先行しているような気がしませんか?私は何となくそれを「プログラミング」と呼ぶことに抵抗がありました。

そうしたらパワーストーンのプログラミングについての詳しい記事にたまたま出くわして、あ、そうそう、私が思っていたのはこういうことよ!と嬉しくなっちゃいました。

こちら様が参考になりました ⇒

石は情報を記憶するので、いくらプログラミングをしたとしても、その後全く努力をしなかったり、悪い思いを持っていると、それらも石に記憶されてしまうというのです。

だから石任せにしないで自分でも努力したり、自分と石に宣言して行動することが大事なんですよね。石には後押しをしてもらうわけです。

ルチルラベンダーちゃん、(とりあえずそう名付けた)これからもどうぞよろしく!

上3枚の画像は夜、ライトをしっかり当てて撮ったので、実際の色味とちょっと違ってます。

今朝、改めて室内で撮り直しました。↓本当はもう少し柔らかい感じなんです。

「私にも同じの作って~♪」という方がおられましたら、ご相談ください。店長、そんなに凝ったのは作れないので同じ石で同じデザインならお作りできそうです。

広告