ベビーシューズ作りの思い出

写真画像の整理をしていたら懐かしいのが出てきました。

一時期靴作りにはまっていた頃、初孫1歳の誕生日祝いに作ったベビーシューズです。

モカシンなどフエルトで作る簡単な手作り教室はよく見かけますが、本革で作る教室はなかなかありませんでした。

で、ようやく見つけて「たのもーー!!」

しかし「釣り込み」という作業はいつだって難しいですね。このときは先生が半分以上手伝ってくれました。一人で作れと言われればもう、お手上げです。

初孫はドレスセラピーではオフの星(本質)が「アンティークの星」。なので中世のお姫様っぽくピンクとベージュをメインカラーに作りました。真っ赤なチェリーのような飾りボタンがあるので若干「赤ちゃんの星」っぽいかな?(ま、いいや、どうせ本人はほぼほぼ赤ちゃんだし。)

写真手前の片方の靴はうまくできてますが、奧は失敗してますね。ベージュのパーツの下のピンクの革がちょっと膨らんでいますよね?これ、失敗作です。(^^;)(⇒こ、これも手作りの醍醐味だいっ。)

2日感に渡って髪振り乱してトンカチを振るい続けて遂に完成!疲れ切って目尻の皺が目立っていたので(そうでなくてもアレなので)顔はご勘弁を。ふぅ、しんどかった。

靴の中敷きには金色の熱線ペンで片方ずつこう書きました。

‘You are my Bliss’ 「あなたがいて幸せ。」

‘You are my Angel’ 「あなたは私の天使。」

1歳の誕生日にプレゼントしたら喜んで履いてくれましたが、もう、今は何も覚えていないご様子。靴だってどこにしまわれているのやら…。でもあれだけ一生懸命真剣に作ったのはいい思い出になりました。(ちょっと自己満足。)

 

広告