遠隔ヒーリングとリビングアイルの「ロードデンドロン」

7/13に退院してからのことです。

連日の猛暑のせいか、せっかく退院しても頭の中にいつも熱がこもっているような、車酔いをしているような状態が続き、歩いていてもまだ少々足がふらつく有様でした。

それを伝え聞いたチェコの健康セラピスト・ヤルカさんが遠隔ヒーリングをしてくださいました。

いつヒーリングをしてくださるかわからなかったのですが、お願いした翌日のことです。

午後仕事をしていると、突然不意に眠気が襲いました。あくびがバクバク出て、涙ダラダラ状態。

「あれ?なんで今頃急に眠くなったのかしら?」と不思議に思いましたが、それが遠隔ヒーリングのおかげだったのです。 続きを読む

広告